【評判早わかり!】小さなお葬式のクレームや苦情はどんな内容なのか?対策方法は?

小さなお葬式の満足度は「93.4%」
そして、ご依頼件数も「15万件」を突破!(2018年3月)

・・・企業側は基本的には良い事ばかりをアピールしますよね?

もちろん、100%満足させることはほぼ不可能です。

でも、実際にはどんなクレームがあるのか?
また、どんな悪評や口コミがあるのか?

できれば、事前に知っておきたいですよね!

そこで

みんなの評判ランキングみん評)・価格ドットコム2ちゃんねるヤフー知恵袋ツイッター

・・・これらのサイトから小さなお葬式へのクレームや悪評をまとめました。

また、トラブルに巻き込まれないための
事前にできる「3つの対策方法」もお伝えしていきます!

小さなお葬式のクレーム・悪評・苦情の主な内容とは?

クレームや悪評の内容を集めると主に3つの内容が見つかりました。

ただ、明らかに同業者からの嫌がらせのような口コミも多く見られました。
業界的にも同業者からの嫌がらせが多い業界です。

  • 質の悪い葬儀会社を紹介された。
  • 予想外の追加料金を請求された。
  • スタッフの電話対応が悪い。

小さなお葬式への主なクレームや悪評をまとめると上記の3つに集約することができます。
では、ひとつずつ詳しくお伝えをしていきます。

>>>小さなお葬式公式サイト

サービスの質が悪い葬儀会社を紹介された!

 

50代男性

祖母の葬式を小さなお葬式さんに依頼しましたが、はっきり言って、もう少し丁寧に葬儀を行ってほしかったです。小さなお葬式の方はシンプルな葬儀がウリと言ってましたが、シンプルと適当は意味が違います。

「小さなお葬式」の会社が対応してくれるのは、
実際に亡くなってからその旨を電話連絡するところまでなのです。

ご遺体を迎えに来てもらうそれ以降というのは斎場とのやりとりになります。

ですので、小さなお葬式のスタッフがどれだけ懇切丁寧に対応してくれても
斎場側のスタッフの質が悪いという確率はゼロではないのです。

その確率をいかにゼロに近づけることができるのか?

小さなお葬式さんとして

◆ お葬式の品質管理基準と設ける
◆ 葬儀の後の満足度アンケート

これらを行って、徐々にお客さま満足度を上げてこられているのです。

ある意味、「葬儀会社の番人」という立場でもあるのです。

予想外の追加料金を請求された!

50代女性

私の住所は都内です。都内のなかでは火葬場の都合でなかなかお葬式ができないところが多い気がします。安置の料金も込みですが期間が過ぎると過ぎた分は自己負担になります。長い安置期間になった私は、故人のところに行ってお線香をあげられない・・・メンタル的なものでは納得がいかなかった。

小さなお葬式に発注をして、遺体を迎えに来てもらってからは斎場の方との直接のやりとりだけになります。
そこで、「斎場側がオプションの提案をしてくるんじゃないのか?」という不安もあると思います。

そこが、小さなお葬式側が最も厳しく取り締まってくれている点です!

お葬式の不透明さを徹底的に透明にしているのが小さなお葬式です。

ですので、依頼された斎場側が小さなお葬式を通さずに
追加料金を提案してくるのは最もタブーとされている行為なのです。

万が一、不明な点があればすぐに小さなお葬式に確認をとるようにしてください。

電話の対応が悪い!

 

40代男性

本日小さなお葬式が紹介の葬儀場で葬儀をしました。葬儀社の対応は良かったんですがお通夜の最中に小さなお葬式の会社から電話があり、そこでお金の話をされました。それは常識はずれだと思いました。もう二度と小さな葬儀は使いません。この書き込みを読まれた方は私の経験を参考に自宅に近い葬儀社を考えられたらよろしいかと思います。ガッカリポンでした。

電話対応が悪いという情報やクレームは2014年以前の古い情報ばかりでした。

当時は電話のオペレーターがアルバイトスタッフであったり、キャリアが薄い人物が対応していたという情報もあります。
しかし、小さなお葬式さんは今では電話対応に本当に力を入れておられます!

 

公式サイトでもオペレーターさんの「顔写真を掲載している」ので信頼性が高まっています。
それに、24時間対応してくれるのは全員「正社員」だという情報も入手しております。

一般の人は葬儀の詳しい知識なんて普通は持っていません。

ライバル会社では、アルバイトや派遣スタッフが多いのです。
全員が正社員というのは利用者としてもとても安心することですよね。

クレーム・トラブルを回避するために事前にチェックや打合せをすべき「3つの内容」とは?

  • 依頼する葬儀会場の満足度を確認しておくこと
  • 追加料金の項目は事前に確認をしておくこと
  • 欲をだすのであれば、自分で葬儀場を調べること

① 依頼する葬儀会場の満足度を確認しておくこと

小さなお葬式では、葬儀を終えられた方には後日「満足度アンケート」を行っています。

アンケートの詳しい内容はこちらです▼
【何に満足している?】小さなお葬式で葬儀を利用したお客さまアンケートの内容とは?

それぞれの葬儀会場の満足度のデータを収集しているのです。
そこで、案内された葬儀場の満足度を事前に確認するということです。

「こちらの葬儀場はいかかがですか?」
提案されたときに
「その葬儀場の満足度は高いですか?」
と念のために確認をしておくのが良いでしょう。

もちろん、クレームが多い葬儀場は契約が打ち切られるので、
満足度が高い葬儀場ばかりが残っていきます。

あくまでも、心配な方は葬儀場の満足度を確認しておくことをおすすめします。

② 追加料金の項目は事前に確認をしておくこと

何度も言いますが、小さなお葬式のコンセプトは
「お葬式の不透明さを透明にする」ことです。

ですので、小さなお葬式が提案しているサービスについては
基本的に追加料金が掛からないようなプランになっています。

しかし!

葬儀にはどうしてもイレギュラーなケースがあります。

そのような場合には「追加料金」が発生してしまうのです。

  • 公営火葬場のない地域等、規定の火葬料金(市民料金)で火葬が行えない場合
  • 火葬場の空き状況などで規定の安置日数を越えてしまう場合
  • 付き添い安置を希望する場合
  • 規定の式場使用料を越える葬儀場を希望する場合
  • 寝台車・霊柩車1回の移動距離が50kmを越える場合
  • 事件・事故をお亡くなりなどご遺体の状態が良くない場合
  • プランに含まれない物品やサービスを希望する場合

上記については追加料金が発生するのです。

「知らなかった」ではなくて、事前に追加料金が掛かる場合も確認しておくことをおすすめします。

小さなお葬式で追加料金が掛かる場合を詳しく▼
【まとめ】小さなお葬式でも追加料金が掛かる場合。事前に確認しておくべき内容とは?

③ 欲をだすのであれば、自分で葬儀場を調べること

そもそも、小さなお葬式は「葬儀は小さくても良い」という方向けのサービスでもあります。
参列者も100名までぐらいの規模を想定しているプランなのです。

ただ、人間はついつい欲が出てしまう場合があります。

お花の量をもっと増やしてほしい。
棺をもっと豪華にしてあげたい。
仮位牌をもっと高級感がほしい。

などなど、欲を出せばキリがありません。

ですので、細かなこだわりがある場合は小さなお葬式は向いていないでしょう。

ですので、こだわりが強い方は自身で葬儀場を探し打合せをされることをおすすめします!

ただし、小さなお葬式さんのプランは決して質素なわけでもありません。
一般的なグレードの基準はもちろん全て兼ね備えています。

小さなお葬式のクレームや悪評についていろいろと調べてみました。
クレームや悪評の内容は全て2015年~2017年以前のものでけっこう古い情報ばかりです。

今では、葬儀受注件数は「全国1位」です。
顧客満足度も「93.4%」という高い数字です。
(2019年3月現在)

ここ数年についてはクレームというのはゼロに近づいていっているともいえます。

もちろん、満足度100%というのは難しいと思いますが、
それに近づけるように日々企業努力をされているのです。

>>>小さなお葬式無料の資料請求をする

小さなお葬式はエンバーミングを適切に案内してくれない?▼
小さなお葬式はエンバーミング(エバーミング)を適切にすすめてくれないって本当?

小さなお葬式の運営会社とその概要とは?

小さなお葬式は「株式会社小さなお葬式」ではありません。
株式会社ユニクエストという会社が運営しているサービスのひとつが「小さなお葬式」なのです。

運営会社ってどのような会社なのか?

小さなお葬式の運営会社の概要などを調べました。

株式会社ユニクエストの会社概要は?

会社名 株式会社ユニクエスト
所在地 〒550‐0004
大阪府大阪市西区靭本町1-6-3
電話番号・FAX TEL:06-6131-5936
FAX:06-6131‐5937
設立 2006年8月1日
資本金 9150万円(2014年4月現在)
代表者 重野心平
事業内容 インターネットメディアの企画・開発
Eコマースソフトウェアの企画・開発
上記に関わる一切の事業
小さなお葬式サービスについて 小さなお葬式は2009年10月からスタートされる。
累計で15万件の依頼を突破する。
葬儀業界初の「定額の葬儀プラン」
葬儀業界初の全国47都道府県に対応
(全国4,000箇所以上の葬儀場を利用可能)
小さなお葬式の始まり 元々は「葬儀本.com」というお葬式の式場探しのサイト運営から事業がスタートされる。
今でもこのサイトも運営されている。

事業内容に書いているように小さなお葬式は葬儀会社ではありません!

お葬式の不透明を徹底的に透明にして、利用者側のニーズにあったお葬式を提供してくれる会社」
ともいえそうですね!

国民生活センターには葬儀に関する葬儀に関するトラブルが毎年500件程度寄せられています。

内容のほとんどが「高額な請求」「見積書がもらえない」「追加請求が高額だった」などの不透明さからくるトラブルです。
その不透明さを透明にしてくれているのが小さなお葬式なのです。

引用:国民生活センター

小さなお葬式の葬儀形式(プラン)は主に3つです。

まず「直葬型プラン」「セレモニーありプラン」に分類されます。
また、参列者の目安の人数なども以下の表にまとめました。

プラン名 参列者目安
直送型プラン 小さなお別れ葬儀
・お坊さんなしの火葬のみ
10名~30名まで
小さな火葬式
・お坊さん供養ありの火葬
10名~30名まで
セレモニーありプラン 小さな一日葬
・お通夜なしの告別式・火葬
20名~30名まで
小さな家族葬
・お通夜ありで告別式と火葬
30名まで
小さな一般葬
・お通夜・告別式・火葬全てあり
30名~100名まで

ちなみに、利用割合を会社に確認してみました。

小さなお別れ葬儀と小さな火葬式:45%
小さな一日葬と小さな家族葬:45%
小さな一般葬:5%

という利用者の割合ということです。

参列者が30名以下の小さなお葬式での利用が90%を占めるということですね。

小さなお葬式というのは参列者30名以下の葬儀という定義ができそうです。

ライバル葬儀会社とはココが違う!イオンのお葬式・よりそうのお葬式と比較

小さなお葬式のような小さな葬儀をプランしてくれるサービスは1社独占ではありません。
同じようなサービスを提供している会社もあります。

・イオンのお葬式
・よりそうのお葬式

この2社と比較されることが多いです。
比較してみた結果は実績・満足度・プラン内容において「小さなお葬式」が優れていると言えます。

小さなお葬式とイオンのお葬式を徹底比較!▼

小さなお葬式とよりそうのお葬式を徹底比較!▼

小さなお葬式のメリットとデメリットとは?

ここまで、いろいろな情報をお伝えしてきました。
じゃあ、小さなお葬式のメリットとデメリットは何なの?
と思っている方も多いはずです。

簡潔にメリットとデメリットをまとめました。

小さなお葬式のメリットとは?

  • 参列者30名以下の葬儀の実績が圧倒的!
  • 他社では追加料金が掛かることも統一価格を実現!
  • 日本全国4000ヶ所の葬儀場に対応!
  • 94.3%が知人にも紹介したいという高い満足度!
  • コールセンターが全員知識豊富な正社員なのでで安心!

小さなお葬式のデメリットとは?

  • 100名以上の葬儀の実績が少ない
  • 葬儀会社によって質のバラつきがでてしまう
  • 細かな要望はプラン外の追加料金になる
  • 統一料金なので個性的な葬儀は難しい

以上のようなメリットとデメリットがあります。

少人数(30名以下)での葬儀を検討されていて、かつ費用も抑えたい方にとっては絶対的に自信をもっておすすめできます!

 

小さなお葬式へのお問い合せ方法は?

まずはお問い合せ(事前相談)をされることをおすすめします!

通話料無料のフリーダイヤルでお問い合せをする。
ネットから簡単に無料で資料請求ができますよ。

ですので、資料請求か早割サービスの申込みのどちらでもOKです。

どうせなら、早割サービスを申し込んでおくほうがお得です。
全く同じ資料を無料で送ってきてもらえます。

>>資料請求or早割サービスが申し込める公式サイトはコチラ

小さなお葬式には「無料早割サービス」もあります!

早割サービスに申込むことで最大で66,000円の割引が受けられます。

以前までは申込み1枚につき500円だったのが0円になりました!
(2018年4月から)

1度、早割を申込んでおくだけで、ずっと早割を適用してもらえるのです。

とりあえず、僕も早割の資料請求をしてみました。
その内容が気になる方は下の記事をご覧ください。

小さなお葬式の早割資料についての詳細はこちら▼
【申込んでみた】小さなお葬式の「早割」にデメリットはあるの?こんな人におすすめ!

まとめ

小さなお葬式のクレーム・苦情・悪評についてお伝えをしてきました。

私たちは普段、お葬式のことについてはあまり考えません。

そのため、もしものときには短い時間でいろいろ判断をしていかなければいけません。
そのため、葬儀社ともじっくりと打合せや話し合いができないことも多いのです。

そこで、わからないまま葬儀社の言いなりになってしまいトラブルが起こることが多いのです。

小さなお葬式ではプランや料金などを事前に明確に公表しています。
ですので、クレームを言っている人のほとんどが確認不足なのも事実です。

この機会にぜひ葬儀についても検討されることをおすすめします。

>>>小さなお葬式の「早割」or「資料請求」」をする

送られてくる無料の資料を読むだけでも、かなり葬儀の知識が深まります。
また、エンディングノートも同封されているのでとてもお得ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA