墓じまいは難しいのか?離檀料や費用は手続きはどうすれば良いのか?トラブル対策は?

自分が死んだら、どうせ誰もお墓参りにきてくれない。

・・・このように考えている人が増えてきているそうです。
また、現実的に後継ぎがいない人も増えています。

テレビ朝日のニュースでも5人に1人が「墓じまいをしたい」と考えているというデータがあるようです。

この背景には当然「少子高齢化」が大きく関わっています。
子供たちに迷惑をかけたくない・・・

家柄を大切にしていた価値観から個人個人を大切にする価値観に変わってきているのが現状です。

そこで

墓じまいは難しくて、ややこしいのか?
墓じまいのときの離檀料などの費用はどれくらいかかるのか?

墓じまいについてお伝えをしていきます。

墓じまいの手順とは?

墓じまいをするためには、
好き勝手に撤去して、移動できるものではありません。

遺骨はご遺体の一部です。
勝手に移動をしたり、さらには無届でお墓ごと遺骨を潰すということはできません。

法的な手続きもありますし、なによりもお付き合いしてきた菩提寺や親戚関係など人間関係が大きく絡んできます。
以下に墓じまいの手順についてお伝えをしていきます。

STEP.1
墓地管理者への届出
まずは公営墓地な管理事務所へ菩提寺なら住職にその旨を伝えます。そして、いろいろな書類を用意する必要があります。移転の場合は「改葬許可証」引っ越しの場合は「埋葬証明」「受入証明」が必要になります。
STEP.2
開眼供養
お墓から遺骨を取り出す儀式のことです。お墓に宿った魂を抜いて「ただの墓石」にするために行います。このとき僧侶に1万円~5万円のお布施が必要です。
STEP.3
離檀
檀家になっていた場合は離檀料が必要になることが多いです。これは今までお墓を守っていただきありがとうございました。という御礼です。相場は10万円~20万円程度です。
STEP.4
お墓の撤去工事
墓じまいするということはお墓が建っていた場所を更地にしなければいけません。その場合は石材店などにお願いをしますが、15万円~20万円程度掛かります。
STEP.5
移転する墓地への納骨
移転する場合はその墓地への「納骨式」を行います。

墓じまいをするには合計で50万円以上掛かるのが一般的です。
さらに、新たなお墓の建設費用(150万円以上)掛かるのです。

本当に費用が嵩むので簡単にはできません。
だから、無縁墓がどんどん増えている現状なのが理解できます。

墓じまいについてのよくある疑問集

ここからは、あまり馴染みが薄い墓じまいについてのよくある疑問をお伝えしていきます。

墓じまいのときの服装はどうすれば良いのか?

墓じまいはお墓参りとは異なり、厳粛な印象を受けます。
喪服を着用したほうが良いのかなと思いがちですが、実は「普段着」で問題ありません。

墓じまいに代行業者があるのか?

墓じまいしたいけど、手続きなどがややこしそうで、わからない。
高齢になって、あまり動けなくなった・・・など

いろいろな理由で代行業者に依頼したいケースもあるかと思います。

そんなときは、>>ミキワの墓じまい新規見積りのような専門業者に話しを聞いてみるのもおすすめです。

まとめ

墓じまいについてお伝えをしてきました。

最近では終活、終活と終活ブームです。
お金のことや持ち物のことばかりが注目されています。

少し忘れがちなのが今回の「墓じまい」についてです。
どうしても、後回しになりやすいことでもあります。

菩提寺のこと、親戚関係など早め早めに決断していきたいですよね。

こちらの記事もご参考にしてください▼
【どっちが良いの?】お墓と納骨堂の違いとは何か?メリットとデメリットも徹底解説! 手元供養に決まった作法はあるのか?また、手元供養の残った遺骨はどうするのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA